ケーズデンキとJoshinでエアコン10年保証は最上位機種しか付けられない

我が家

夫です。

3月の決算セール時期に合わせてエアコンを購入取り置きしました。

その際エアコンの選定について紆余曲折あったので共有します。

※下記内容は私の地域の店舗だけかもしれませんのでそこはお断りさせて頂きます。念のため。

前提として、家電量販店は有償無償かは別として10万円超えるくらいの製品は10年保証付けられるものだと勝手に思い込んでいた私の思い込みが発端です。私の他にもそう思っている人がいるかもしれないと思って記事にしました。

結論から先に言うと、冷房用、暖房用とも三菱電機のNo.2グレードを買いに行ったはずが、タイトルの理由により、日立製の最上位グレードを買うことになりました。

我が家はエアコン2台での全館空調になります。(床下エアコンではなく壁掛け)

エアコンの必要能力についてはエスネルデザインさんの下記ブログ記事で明示して頂いたので、その中から選びました。

【秘訣】エアコンの選定方法『冷暖房負荷計算、能力、グレード、買い方。』コストパフォーマンスとリスク対策。 - 住宅設計エスネルデザイン
ゆうです^ ^ エアコンの選定方法についてまとめました。 冷暖房負荷計算、エアコン能力、グレード、買い方、、、 エアコン選定は千差万別。 「ちょうど良い能力のエアコンを選び冷暖房費を抑えたい。」 「万が一の故障にも備えた

つまり冷房用、暖房用それぞれ以下の4機種から選ぶことになります。(2021年モデル)

冷房用

RAS-X22M (日立製No.1グレード)

RAS-S22L (日立製No.2グレード)

MSZ-ZW2221 (三菱製No.1グレード)

MSZ-X2221 (三菱製No.2グレード)

暖房用

RAS-X28M (日立製No.1グレード)

RAS-S28L (日立製No.2グレード)

MSZ-ZW2821 (三菱製No.1グレード)

MSZ-X2821 (三菱製No.2グレード)

当初この中から三菱製No.2グレードを目的に家電量販店へ行きました。(選定理由は記事が分かりづらくなるので別記事にまとめようと思います。)

ケーズデンキで目的機種の見積もり出してもらって高いので躊躇している時、それは発覚しました。「この機種は5年保証までしか付けられません。有償でもできません。」「最上位機種しか10年保証は付けられません。取付保証は5年までです。」

困りました。No.2グレードですら価格が高くて購入を躊躇っているのにNo.1グレードは完全に予算オーバーです。

日立製のNo.2グレードに10年保証付けられるかと思いましたが、それも無理でした。やはり10年保証は最上位機種しか付けられないようです。(後でJoshinにも確認したところ、やはり最上位機種しか10年保証付けれないようです。但し取付保証は10年付くそうです。)

No.2グレード5年保証にして、5年経ったら東北電力の住まい安心サポートという保険(https://sumai.tohoku-epco.co.jp)に入ることも頭によぎりましたが、5年後保険に入るのを忘れそうなのと、5年後も保険が存在するか分からないので、できれば10年保証に入りたい。

そんな時に目の端に展示品限りと書かれた日立製最上位機種(型落ち品)が目に入りました。見積もりを出してもらったところ、何と三菱No.2グレードより安い上に10年保証も付けられる!

ということで、我が家は日立製のNo.1グレード(型落ち)に落ち着きました。

ちなみに何故ケーズデンキにこだわったかと言うと、

地方住まいの私の近くの家電量販店はケーズデンキ、Joshin、ヤマダ電機しかありません。

ネットで調べる限り長期保証の評判が良いのはケーズデンキ、Joshinのようです。

加えて、以前ケーズデンキで富士通製エアコンを購入した時の施工がとても丁寧で冷媒漏れが発生しなかったので、エアコンの冷媒漏れで何度も泣かされた私の中ではできればケーズデンキで購入したいと考えていたからです。

今回も取り止めのない話で恐縮です。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました